このサイトはを紹介しています!

主にビジネスに関連したものや、

自己啓発的なものがメインとなっています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レバレッジ・リーディング 本田直之氏著」を読みました。

いきなりですが、どうしてこの本を読んだのか説明させて下さい;;
僕は少し前まで国家試験勉強の影響で時間が取れなくて、
本自体が読めていませんでした。
いや「読む気になれなかった」の方が正しいかもしれないです。

そして国家試験が終了し、元の生活へと戻るかと思いきや。
本を読む事自体が習慣から抜けていたんです。

習慣化されていないからか本を読んでも集中力が続かず、
頭にもうまく入りません。

そんな中以前友人から紹介されたこの本の事を思い出し、
読み始める事にしました。

結果から言いますと、
僕の読書に革命が起こりました。

本田直之さんの他の本もアマゾンで即注文しまくっちゃいました。

その本もレバレッジ・リーディングで読破!
レバレッジ・リーディングは、
読書にレバレッジを与える事の出来るすばらしい方法です。

個人的に影響を受けた部分を紹介します。
「80対20の法則を読書に応用する」
本田直之さんは、本自体を全て読まないそうです。
1~2時間の間に自分が求めている部分だけを熟読し、
他は飛ばし読みでよいと述べられています。
それは「80対20の法則」を読書にも適用されるからだそうです。
つまり全文章の20%が、その本が本当に伝えたい事の80%を占めているのだそうです。
という事は・・・残りの80%は読まなくてよい!
ですが、意味はわかってもやり方がわからない。
誰でもそう言われてすぐに出来る人はいないと思いますが、
この本を読んだ人はそれが出来るようになるんですね。
なぜなら・・・
「カラーバス効果とは?」
こちらの内容を理解し、ここにうまく意識を持っていけるからです。
ではカラーバス効果とは何かと言うと、
本書101ページから抜粋させて頂きますが、

以前、ボルボのステーションワゴンを買ったときの話です。
妻とドライブしていると、彼女が対向車線を眺めながら、
「なんだか最近、妙にボルボが増えたと思わない?」
と言います。
 しかし、特にボルボが販売台数を伸ばしたという話は聞きません。
つまり、妻はボルボに乗るようになったとたん、街を走っているボルボが目に入るようになったのです。これがカラーバス効果です。

実は僕にも全く同じ経験があるので、しっくり話が理解出来た部分があります。
兄のエルグランドの助手席に乗っている僕に、兄は、
「最近黒のエルグランド増えて来たな~、白はよく見てたけど、黒は少なかったのにな~」
と言いました。
兄が乗っているのは黒で、僕は逆に黒の方がよく見ていたので疑問に思った事を覚えています。

これを読書に応用し、文章内にあるキーワードが目に付くようになる訳ですね。
実際にそんなうまくいかなそうに思えるのですが、
やってみると意外に大事な所で引っ掛かるから驚きです。

読書の効率化、密度の向上、読書という投資を行う者にとってまず読んで得はあっても損は無い本だと僕は思います。

レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
(2006/12/01)
本田 直之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ウェブ進化論‐僕な也の書評

更新期間がかなり空いてしまいましたが、気にせず書いて来ます

今回は梅田望夫さん著、ちくま新書出版の
「ウェブ進化論
‐本当の大変化はこれから始まる
を読みました!

友人から教えて貰ってこの本を読みましたが、
ネット社会で育った僕がネット社会の過去10年の変化を知る機会は、
この本を勧められなければ生まれませんでした。
友人にはとても感謝しています。

以前、スティーブジョブズの自伝が出版され話題になりました。
僕も購入して読みましたが、
「みんな持ってるし、ヌルヌル動くし、Iphone欲しいな~。」
と思っていた僕が、
「Appleの製品なら間違い無いよ!だってあのジョブズが創立したんだぜ!」
となるくらい衝撃を受けました。
わかりづらいですが、すごく衝撃的だったんです
(そのうちブログに書きます)

その時の衝撃並みの衝撃をこの本から受けました。
まずは「Google」そして「オープンソース」がどれだけの力を持っているのか。

何気無く検索文字列を入力してEnterを押し、
表示された結果を見て、ブラウザの×を押す。
そんな日常も僕には普通の事ですが、
いや今の日本ではごく一般的な事ですね。
ですが全世界で同じ事を実行している人が何人もいて、
その一人一人に同じ結果を返す事が出来る。
膨大な情報の中から、文字列に合った情報を抽出し表示する。
サーチエンジンの仕組みの詳細については公開されていませんが、
そんな物を作ってしまうGoogle
さらにそれを無償で公開し、
広告によって利益を出す仕組みを捻出したGoogle
本当に「モンスター企業」です。
Godgleです。

そしてオープンソース
以前、科学者が10年掛かっても解けなかったタンパク質の構造を、
世界中のゲーマー達が10日で解いてしまったというニュースが話題になりました。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20110921/1036993/
これもオープンソースと似た話です。
著書の考え方で書くと、
一人の科学者の10年が世界中の数万人の数分~数時間で解決されたという事です。
その考えは思いつかなかった!とか、
そういう方法もあるのか試してみよう!とか、
こんな事が数万人の間で繰り返されればこんな事が起こってしまう訳です。
故にそれを利用したオープンソースプログラムは、
進化が止まる事無く改善されていく訳です。
果てしない可能性が秘められた仕組みです。

ネットの普及により、今後10年の加速度は過去10年の比にならないと予想されるそうです。
過去の進化速度を知り、今の環境を見て僕もどれだけ進化が進むのか想像が付きません
変わりに働いてくれるロボットが出来たらいいな・・・。

よろしければ下記のランキングをクリックで応援して頂けると幸いでございます(><)

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

シンキング

出来ないと思うのは簡単だ。捨てるだけだし。
あと現状維持も簡単。何もしなければいい。
人間楽な方に進むのは簡単なんだなと最近しみじみ思う。

安定はゴールだと思うけど、まだいらないんだよな。
もっと高水準な安定が欲しいんだよな。
誰もが狙えるはずなのに、
狙う人の方が少ないのが現実。
でもそれは間違いじゃない。

精神の調整はとても難しい。
出来ると思う事、目標に向けて一心不乱に進む。
危険だと思っても進む。行動力。
良い刺激が欲しいな。

テーマ : お勧め
ジャンル : 本・雑誌

自己紹介

FUJI+

Author:FUJI+
こんにちわ!FUJI+と申します!
僕は社会人になってもうすぐ3年目に突入しようとしている、ただのゆとり世代です!笑
22歳となって本を読む事の素晴らしさに気付かされ、1年で50冊を目標にしつつ、当ブログを始めました!
紹介した本で、誰かしらの人生における価値観がちょっとでも変化してくれたらいいなと思っています!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazonの和書
ブログ内の検索はこちら
リンク
よろしかったら
僕とブログ友達になって下さい

ブロ友になる

ブロ友にならない

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。